HOME > 即効テクニック > Excel VBA > 関数関連のテクニック

関数関連のテクニック|即効テクニック

Excel VBA:関数関連のテクニック

即効テクニックでは、随時テクニックの追加・見直しを行っております。
更新コンテンツは、即効テクニックトップページでご確認ください。 ⇒ 即効テクニック トップページ

関数関連のテクニック 詳細
テキストボックスの中を検索する 
文字列の中から数値として認識できる部分を返す (Val関数) 
配列のデータを並べ替える 
配列をセルに一括で代入する 
MsgBox関数の使い方(1) - メッセージボックスの表示方法 
MsgBox関数の使い方(2) - ユーザーが選択したボタンの処理 
ユーザーの入力を文字列で取得する(InputBox関数) 
あまり知られていないDir関数の特徴 
ユーザー定義関数を作る 
配列の次元数を取得する 
日付・時刻形式の書式に変換した値を返す(FormatDateTime関数) 
配列の中から条件に一致する要素を取り出す(Filter関数) 
いつも同じn桁の乱数を取得する 
単精度小数点型の乱数を返す(Rnd関数) 
他アプリを起動する
文字列を分割し1次元配列として返す(Split関数)
ワークシート関数をVBAで使用する(WorksheetFunctionプロパティ)
セルの数式エラーを判定する
セルが文字列かどうか判定する
どんなワークシート関数でも実行する
Format関数でできること
日付を関数で操作する
セルに配列を代入する
VLOOKUP関数を使ってセルの値を取得する
ユーザー定義関数でセルにシート名を表示する
MATCHワークシート関数を使用してセル範囲を検索する
ユーザー定義関数を自動再計算にする
文字色、背景色を条件に指定範囲の合計を出すユーザ定義関数
分析ツールの関数を使う
エクセル2000新機能の活用 - Split,Join,StrReverse
Excel2000Split関数の代替
2地点の緯度経度からその地点間の距離を返すユーザ定義関数
十進数から二進数を得るユーザ定義関数
二進数から十進数を得るユーザ定義関数
通貨形式の書式に変換した値を返す(FormatCurrency関数)
指定した数値形式の書式に変換した値を返す(FormatNumber関数)
指定したパーセント単位の書式に変換した値を返す(FormatPercent関数)
データ型の変数(11種類のデータ型変換関数)
変数に関する情報を取得(TypeName関数、VarType関数)
変数/式の状態をチェックする(チェックを行なう8種類のIs関数)
1次元配列の要素を結合した文字列を返す(Join関数)
配列を格納したバリアント型の変数を作成する(Array関数)
静的配列の要素を最初期化/動的配列に割り当てたメモリを開放する(Eraseステートメント)
指定されたオブジェクトのメソッドの実行/プロパティの値の取得/設定を行う(CallByName関数)
評価に応じた式を返す(IIf関数)
真となる最初の式を返す(Switch関数)
数値に応じて選択肢の値を返す(Choose関数)
InputBoxメソッドでキャンセル処理を正しく行う
ユーザー定義関数でエラーを表示する
Option Base ステートメントと関数