HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > ショートカットキー関連のテクニック

ショートカットキー関連のテクニック|即効テクニック

Excel一般機能:ショートカットキー関連のテクニック

即効テクニックでは、随時テクニックの追加・見直しを行っております。
更新コンテンツは、即効テクニックトップページでご確認ください。 ⇒ 即効テクニック トップページ

ショートカットキー関連のテクニック
[Ctrl]キーを使わずに離れたセル範囲を選択する 
表全体をすばやく選択する 
独自のショートカットキーを設定する
シートに入力されている数式をすばやく表示する 
キーボードの操作でセルの表示形式を設定する 
キー操作で行全体、列全体を選択する 
ショートカットキーでフォントスタイルを変更する 
Excelをショートカットキーで起動する
Excelをショートカットキーで終了する
キーボードの操作で罫線を消去する
キーボードの操作で直前の操作を繰り返す
キーボードの操作で直前の操作を取り消す
キーボードでリボンやメニューを操作する
最初のセルに移動する
最後のセルに移動する
新しいウィンドウを開く
[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示する
ヘルプを表示する
[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示する
選択しているセルにキー操作で戻る
キーボードの操作でインデントを設定する
キーボードの操作でセルの書式設定ダイアログを表示する
キーボードの操作でショートカットメニューを表示する
キーボードの操作でセルを編集状態にする
セル内を編集中、文字列の先頭や最後尾にカーソルを移動する
キーボードの操作でシートやウィンドウを切り替える
ショートカットで現在の日付と時刻を入力する
選択範囲をショートカットで移動する
一度入力したデータをリスト表示して入力する
シートに入力されているすべての数式の表示/非表示を切り替える
キーボードの操作でセルを削除する
キーボードの操作で行列の非表示/再表示を切り替える
ショートカットキーを使ってオートSUM数式を挿入する
上および左のセルにあるデータを簡単にコピーする
前回と同じ条件で検索する
分割したウィンドウ間をキー操作で移動する
Excelのショートカットをデスクトップに作る
ワークシート内をすばやく移動する
ワークシート全体をキーボードで選択する
印刷プレビューを表示する