HOME > 即効テクニック > Access一般機能 > その他 > Access 2007がインストールされていないパソコンでデータベースを開く

即効テクニック

その他

Access 2007がインストールされていないパソコンでデータベースを開く

(Access 2002)

Access 2007形式のデータベースを操作したいが、自分のパソコンにAccessがインストールされていない、または 2007より古いバージョンのAccessがインストールされている…そのような場合、マイクロソフト社から提供されているソフトウェアをインストールすると、Access 2007形式のデータベースを参照したり、データを入力したりすることができるようになります。しかもライセンスは不要なので、誰でも無償で使用できます!今回はAccess 2007がインストールされていないパソコンでデータベースを開く方法を紹介します。

●操作手順●
  1. マイクロソフトのWebサイトからソフトウェア(Access 2007 Runtime)をダウンロードしてインストール http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=D9AE78D9-9DC6-4B38-9FA6-2C745A175AED&displaylang=ja
  2. Access 2007形式のデータベース(拡張子がaccdbのもの)を開く
  3. セキュリティの警告画面が表示される場合は[開く]ボタンをクリック
●補足●

・ Access 2007 Runtimeソフトウェアは動作するOSが限定されています。 また、別途Service Packの適用が必要な場合があります。詳細はマイクロソフト社のWebサイトを参照してください。

・ Access 2007 RuntimeソフトウェアはAccessデータベースの実行を目的としているため、データベースの開発はできません。

・ 使用するデータベースは、AutoExecなどを利用して、データベース起動時に自動的に表示されるフォームなどをあらかじめ設定してください。設定を忘れると、アプリケーションウィンドウは起動しますが、テーブルやフォームなどのオブジェクトは表示されません。