Word (一般機能)

Wordの一般機能に関するフォーラムです。
  • 掲示板への投稿には会員登録(無料)が必要です。会員登録がまだの方はこちら
  • 掲示板ご利用上のお願い」に反するご記入はご遠慮ください。
  • Q&A掲示板の使い方はこちらをご覧ください
トピックに返信
質問

 
(指定なし : 指定なし)
次の通りの目次を作りたい
投稿日時: 18/05/14 12:20:07
投稿者: ohlq

なかなか急ぎの質問です。
次のような目次を作成するよう指示がありまして、ご教示よろしくお願い致します。
 
今までは段落番号によるスタイルを作成して目次をよく作っていました。
今回「4-1」のようなパターンがあります、このような場合どのようにスタイルを使用して目次を作成すれば良いでしょうか。
 
 質問1 「A,B」,「1,2,3,4」「4-1」,など全てアウトラインのスタイルで作成すべきでしょうか?
 質問2 「4-1、4-2」はアウトラインスタイル、他は段落番号スタイルが可能でしょうか(4(段落番号スタイル)に対して4-1(アウトラインスタイル)がぶら下げれるでしょうか)
 質問3 アウトラインの設定がよくわからんですたい・・・
 
 
A. 目的    
B. 方法    
 1.概要
 2.データの構造    
 3.設定
   1)
   2)
   3)
 4.方法
 4-1.
   1)    
   2)    
 4-2.設定
 

投稿日時: 18/05/14 14:11:00
投稿者: ohlq

さしあたり
4-1を次のように変更許可が出て、これまでの知識(段落記号スタイルのみで目次作成)だけで対応できることになったので緊急性はなくなりました。
4
 1)
  
ただ、今後の勉強のために教えていただければ幸いです。

回答
投稿日時: 18/05/15 09:32:37
投稿者: sk

引用:
次のような目次を作成するよう指示がありまして、ご教示よろしくお願い致します。

引用:
今までは段落番号によるスタイルを作成して目次をよく作っていました。

Word の目次作成機能を使わずに、本文レベルのそれぞれの段落を
目次風に見立てた書式にされているということでしょうか。
 
引用:
質問1
「A,B」,「1,2,3,4」「4-1」,など全て
アウトラインのスタイルで作成すべきでしょうか?

Word の目次作成機能を使用するか否か次第。
 
引用:
質問2
「4-1、4-2」はアウトラインスタイル、他は段落番号スタイルが可能でしょうか
4(段落番号スタイル)に対して4-1(アウトラインスタイル)がぶら下げれるでしょうか

「A, B」の見出しのアウトラインレベルをレベル1、
「1, 2, 3, 4」の見出しのアウトラインレベルをレベル2、
「4-1, 4-2」の見出しのアウトラインレベルをレベル3、
「1), 2), 3)」の見出しのアウトラインレベルをレベル4
という形にすれば一応は可能であるはず。
 
引用:
質問3 アウトラインの設定がよくわからんですたい・・・

基本的には、それぞれの段落書式において
アウトラインレベルをどう設定するかの問題では。

投稿日時: 18/05/18 01:35:31
投稿者: ohlq

sk様
 
ご回答いただきありがとうございます。遅い反応で申し訳ありません。
質問内容が悪かったことを理解しました。
 
1)目次機能使うの?
おっしゃる通り目次機能を使います。
 
2)下記の回答
「A, B」の見出しのアウトラインレベルをレベル1、
「1, 2, 3, 4」の見出しのアウトラインレベルをレベル2、
「4-1, 4-2」の見出しのアウトラインレベルをレベル3、
「1), 2), 3)」の見出しのアウトラインレベルをレベル4
 
上記に回答をいただき、考え直しましたので質問内容を訂正いたします。
 
「A,B」
「1,2,3,4」
「1),2),3)」
は段落スタイルにより自動的に生成する文字列です。
 
「4-1」という文字列は段落スタイル(?)により自動的に生成できるでしょうか。
もしくは
 
「4-1」と表現しているそれぞれの「4」と「1」を異なる段落スタイルで自動生成した後に、目次機能を使って
「4-1」という目次を作成することができるでしょうか

回答
投稿日時: 18/05/18 10:50:55
投稿者: sk

引用:
「4-1」という文字列は段落スタイル(?)により自動的に生成できるでしょうか。
もしくは
  
「4-1」と表現しているそれぞれの「4」と「1」を異なる段落スタイルで自動生成した後に、
目次機能を使って「4-1」という目次を作成することができるでしょうか

アウトラインレベルごとの番号書式に関しては
アウトラインの定義の問題であり、この場合は
レベル3の[番号書式]プロパティの設定で実現可能です。
 
その設定を行なった上で適正なレベル/スタイルの
見出し(段落)を挿入し、目次作成を行なえばよいはず。
 
(新規文書から設定する場合)
------------------------------------------------------------------------
 
1. 空のドキュメントを新規作成する。
 
2. [ホーム]タブ -> [段落]グループ -> [アウトライン]をドロップダウンし、
   [新しいアウトラインの定義]をクリックする。
 
3. [オプション]ボタンをクリックする。
 
※ 以下、レベルごとのスタイル/オプションの
  詳細な設定に関する説明については割愛する。
 
引用:
「A, B」の見出しのアウトラインレベルをレベル1

4. 左上のレベルリストより「 1 」を選択し、
   [このレベルに使用する番号の種類]プロパティを
   「A, B, C, ...」に設定する。
 
5. この時、[番号書式]プロパティに「A」と表示されていることを確認する。
   番号の後ろに「.」が必要な場合は、「A」の後ろに入力する。
 
6. [レベルと対応付ける見出しスタイル]プロパティを
   スタイル「見出し1」に設定する。
 
引用:
「1, 2, 3, 4」の見出しのアウトラインレベルをレベル2

7. レベルリストより「 2 」を選択し、
   [このレベルに使用する番号の種類]プロパティを
   「1, 2, 3, ...」に設定する。
 
8. [番号書式]プロパティに「A.1」と表示されていることを確認し、
   「A.」を削除して「1」のみとなるよう設定する。
   (末尾に「.」が必要な場合は適宜挿入する)
 
9. [レベルと対応付ける見出しスタイル]プロパティを
   スタイル「見出し2」に設定する。
 
引用:
「4-1, 4-2」の見出しのアウトラインレベルをレベル3

10. レベルリストより「 3 」を選択し、
    [このレベルに使用する番号の種類]プロパティを
    「1, 2, 3, ...」に設定する。
 
11. [番号書式]プロパティに「A.1.1」と表示されていることを確認し、
    「A」と 2 つの「.」を削除し、レベル2の番号とレベル3の番号の間に
    「-」を挿入する。(末尾に「.」が必要な場合は適宜挿入する)
 
12. もし[番号書式]プロパティからレベル2の番号を削除してしまった場合は、
    [次のレベルの番号を含める]ボックスをドロップダウンして
    「レベル2」を選択する。
 
13. [レベルと対応付ける見出しスタイル]プロパティを
    スタイル「見出し3」に設定する。
 
引用:
「1), 2), 3)」の見出しのアウトラインレベルをレベル4

14. レベルリストより「 4 」を選択し、
    [このレベルに使用する番号の種類]プロパティを
   「1, 2, 3, ...」に設定する。
 
15. [番号書式]プロパティに「A.1.1.1」と表示されていることを確認し、
    レベル4の番号以外の全ての番号とテキストを削除し、末尾に「)」を挿入する。
 
16. [レベルと対応付ける見出しスタイル]プロパティを
    スタイル「見出し4」に設定する。
 
17. レベル5以上の[番号書式]プロパティの設定を行なう必要がある場合は、
     上記 4 〜 16 の要領に従って適宜設定を行なう。
 
18. [OK]ボタンをクリックする。
 
19. それぞれの見出しとなる段落とテキストをドキュメントに挿入し、
    スタイルもしくはレベルの設定を行なう。
 
引用:
おっしゃる通り目次機能を使います。

20. 全ての見出しの追加/編集が完了したら、目次を挿入したい段落にカーソルを移動し、
    [参考資料]タブ -> [目次]グループ -> [目次の挿入]をクリックする。
 
21. [目次]タブ -> [全般]グループ -> [アウトラインレベル]を
    4 以上に設定し、[OK]ボタンをクリックする。
 
------------------------------------------------------------------------
 
おおまかな設定手順の例としては、以上の形になるかと。
今回問題視されている部分に関しては、手順 10 〜 13 辺りが肝。

トピックに返信