ほっとひといき給湯室

ほっとひといき給湯室の掲示板です。お気軽にどうぞ!
  • 解決済みのトピックにはコメントできません。
このトピックは解決済みです。
質問

 
新入社員におけるExcelの社内教育は、OJTなのか? それともOFF-OJTか?
投稿日時: 17/10/22 19:20:23
投稿者: kai_keitai

一般事務で働く、おっさんです。
最近、会社で、強く思うことがあり、他社(ほかの人)の場合、どうなんだろうと思い、投稿します。
 
ここ2,3年の新入社員のパソコン離れが目立つようになり、今年、ついに、キーボードに触れない人が出てきました。でも、若さがあるので、3週間もすれば、それなりにタイピングができていました。
でも、私が、心配しているのは、パソコンの操作より、ITリテラシーの低下です。
 
一応、現在の高等学校では、情報工学が必須科目になっていると聞きます。が、興味が無い人は、覚えようとしません。それは、美術、体育、音楽と同じ感覚だと思います。自分に向いていないと感じると、覚えようとしません。評価が低くても、進学などに影響しないことも言えます。
 
しかし、いざ会社に入ると、パソコンは、必ず使うことになり、現場配属になったとしても、速い人で5年後には、パソコンを使う機会があります。
さらに、現場の事務資料のエクセルは、ひどい使い方をしています。
Excelが正しく使われないで、非効率的な使い方をしている人が大勢いて、しかも悪いことに、非効率的な使い方に気づいていません。
 
これは、OJTで、エクセルを教えるには、限界がある証拠だと思い、人事に体系的なエクセル教育の必要性を訴え続けてきました。エクセルを正しく扱うことによって、ITリテラシーも上がると自分は考えています。
 
でも、人事では、あくまで、Excelは、OJTで教えるべきと貫き通しています。
でも、自分は、OFF−OJTでないと、Excelは、正しく使われないと思っています。
 
どうでしょうか?
皆さんは、Excelの教育は、OJTか、OFF−OJTか、どちらで行うべきとお考えでしょうか?

回答
投稿日時: 17/10/23 09:08:53
投稿者: montaU

ちょっと興味ありました、ので、私の場合、思うこと。
 
おっしゃられているように、当たり前でしょうが、業務にパソコン、Excelは必須の環境となっており、業務スキルの向上とともに、パソコン、Excelの習熟も、興味ある、ないに関わらず意識しないといけません。
 
が、間違いなく弱い人もおわれます(失礼な言い方?)、集合研修とかもやってます、研修から帰ってきた方に、どうだった?と聞いても、ま、それぞれです(笑。
 
ただ、使える方から使えない人を見て、非効率な使い方をしているなと見えても、それはそれで仕方ないと思います、もう一段使えない人からみると、それでも、スゴイと見えることもあるのでは?と思います。
 
結局、その時の業務に必要なら、する人は努めて習熟に熱するだろうし、しない人は自然に淘汰されていく(言いすぎか)のではないでしょうか。そのまま評価につながるだろうし。考えたこともありませんが評価=マネーの世界です。
 
※いつぞや評価者と話をしたことがありますが専門部署でない限りITリテラシーは評価の対象になりにくいと聞きました、もちろん会社の方向性もあるでしょうけど、基本的には便利屋の延長線上にあるってことが多いのでは?と考えます。

投稿日時: 17/10/23 22:22:53
投稿者: kai_keitai

montaU様、貴重なご意見、大変ありがとうございます。
 
確かに、人それぞれ向き不向きがあり、ある程度は仕方がないとは思っています。
montaU様が、言うように、人は、与えられた環境次第で、育つようになるのが普通です。
montaU様は、文章から、体系的なExcel教育を行っているが、成果は色々といったところでしょうか?
体系的な教育が行われる環境があるだけでも、羨ましいです。
全体の文章からは、montaU様の意見からは、どちらかというと、OJT派ですかね?
 
 
私が勤めている会社の人事もそれがわかっているので、Excelの教育は、OFF-OJTで、時間をかけて行うべきではなく、OJTで行うべきと判断していると思っています。
 
でも、そんなことは、私も十分に理解しています。
 
なぜ私が、人事にExcelのOFF-OJTが必要だと訴えているのかというと、職場異動がきっかけです。
 
去年まで長く同じ職場で働いていましたが、今年から、新しい職場で働くようになりました。
新しく配属された職場にはびっくりしました。
「なんで、こんな面倒なExcelの使い方をしているの?」とか「もっと、便利なやり方あるよ」とか、もう色々です。
現に、半年で、1本のシステム改修、2本のシステム化をやって、大きな効果を生んでいます。
 
新しい職場は、比較的、パソコンに触る機会が多い職場です。それでも、教える人がいなければ、Excelは、本当に残念レベルです。
 
私が、言いたいのは、「これから先、一人あたりの生産性を本気になって上げていかないと生き残れないよ。」と訴えたいのです。
 
その使いずらい資料をいつまで使うの? でも、そもそも、それ必要?
こんな単純作業、人でやっているの?それ多分、自動化できるよ。でも、それ必要?
このような発想って、あるていどITリテラシーが高い人じゃないと思いつかないのでは?と。
 
 
現に、今日も残念Excelを見てきました。とある課長の資料でしたが、キーとなる項目が、全角、半角が混ざっていたり、ハイフンがあったりなかったりで、集計できないと泣いていました。
これって、ITリテラシーが高ければ、そのようなデータにならずに済んだことです。
あったとしても、Excelの関数で、一発解消できます。それを知らず、ずっと1時間も何度もピボットテーブルで、集計を繰り返していたようです。
 
 
あ〜、でも、Excelは本当に優秀なアプリです。
機能や関数なんて覚えなくても、何とかなるのだから。
罪深きエクセル。

投稿日時: 17/10/23 22:35:52
投稿者: kai_keitai

私が、人事に対していっているのは、2つなのです。
1.新人研修に必ずExcelの研修
2.1人の若い職場SEかプログラマの育成
 
でも、ぜんぜん必要性が伝わらない。
 
そんなとき、”My first BillG Review”を思い浮かべます。
役員や部長クラスのITリテラシーが高いと、このようなことが起きるのかと。
 
特に、プログラミングは、思考の教育にもってこいなのに、伝わらない。
もしかして、自分が書いた文章の意味が読み取れないのかな?
 
 
特に1の新人研修にエクセルは、強く言っています。
正しい教育をされないと、残念資料が、蔓延し、時間泥棒エクセルだらけになるとも言っている。
 
どうしたら、人事の心に響きますかね?

回答
投稿日時: 17/10/24 09:16:01
投稿者: montaU

kai_keitai 様、興味深く拝見させていただいてます。
 
>どちらかというと、OJT派ですかね?
 
う〜ん、どちらかを選択せよとなっても答えはないような気がします、そりゃスムーズにOJTを進めるためにもOFF-OJTはあったほうがいいだろうけど、会社は学校ではないのでOFF-OJTのように給料貰いながらの学習機会を作るのもどうかなとは思います。残念な資料wをピカピカの資料に仕上げても結果は1つです(レベルの差は考えないでくださいw)、そのプロセスは評価につながらないことがほとんどかとも思います。
 
たしかに、いまの業務におけるExcelの必要性というのは疑うべくもなく、使えば使うほどその恩恵にあずかれます、加えて、VBAを使用してのシステム構築は、導入コストゼロ(開発人件費、Excelのコストは置いておいてw)、使えなかったら捨てりゃいいのリスクゼロ、であっても人員削減に貢献できるところまでの発展もありえます(やるからには常にそうありたいものです)。
ただ、当たり前ですが本来の業務遂行が最優先なので、全部が全部Excelでのシステム開発に関わることも不可能なのです、AとBに同じ仕事を与えて、Aは10分、Bは60分かかったとしたときに、Aは放置でいいw、Bに「この差はなぜ?」と気づかせることが重要だと思います、自発的に工夫・習熟するように努めないと成長はありません。
会社から、また上長から見た場合に、Excelが仕事のメインではない!ということが前提となっているのは間違いないので難しいですね。

回答
投稿日時: 17/10/24 10:57:27
投稿者: mattuwan44

>どうしたら、人事の心に響きますかね?
 
>OJTなのか? それともOFF-OJTか?
>ITリテラシーの低下

こういう、わけのわからん用語を使ってる人、僕は嫌いだから、
話しは聞かないかな。。。。
 
字が下手でも業務に支障が無いのと一緒で、
もっといいものをという気持ちは解らないでもないけど、
実際、生産性の向上や利益の向上にどこまで寄与するかわかんないですよねー。
昔、OA化が叫ばれペーパーレスの時代が来ると言われていたのに、
70ページのPDFの資料作るのに、
やっぱ印刷してチェックしないと間違いがなかなか見つからないですし^^;
(で、必ず間違いはある^^;)
それと同じで、いまの話は確実な話に聞こえないです。
 
必要最低限できていたら1時間かかろうが6時間かかろうがいいんじゃ?
(締切に間に合わないのは困りますが^^;)
 
どんなにパソコンやエクセルが高機能になろうが結局、多少教育したところで、
表の合計が出来るワープロ以上の使い方出来る人はそんなに居ないし、
それ以上を要求される場面も少ない
(例えばセルに○が入力されている数を数えるのに、
どうしても関数を使わなくても、目視で数えてもいいですよね?)ので、
コストをかけて、特別に教育するというのは考えなくていいかなと思いますが。。。
 
エクセルが上手に綺麗に使えても、給料あがらないしなぁ。。。
まぁ、全員がそういうことができる人材が揃えば、多少、会社としての武器にはなると思いますが。。。。
コストとリターンを考えると積極的にはなれないかなぁーと思います。

投稿日時: 17/10/24 22:59:27
投稿者: kai_keitai

montaU様、mattuwan44 様 ご意見頂き、誠にありがとうございます。
 
 
私の働いている会社のメインとなる業務システムは、正直、Excelが無くても動きます。
それに追従する業務も、Excelの帳票があるとしても、自動でアウトプットされ、そこに追記して保存して、世界の社員全員が参照できる環境です。
 
このことから、間接、直接部門とわず、Excelのスキルを高めるニーズは、上長からみると、蛇足と思っているかもしれませんね。
 
私自身も、大きな罪悪感を抱いています。
確かに便利なマクロ。でも、数年後にはブラックボックスになるなと思っています。
だから、翌日には、自分が作ったのを担当に向かって「それ捨てたら?」と言っています。(これ本当です)
 
でもね、目の前の担当が、悩んでいる姿をみて、しかも、簡単に解決できると知っていたら、無視できますか?
自分は、無視できません。
でも、montaU様と、mattuwan44様が、おっしゃるように、どんな方法で、結果を出しても、出した結果が正しかったら、数分で作ろうが、数時間で作ろうが、人事評価は同じです。
mattuwan44様の意見の様に、教育コスト対効果をみても、客観的に考えてもメリットは無いでしょう。
 
そんな中でも、私は、妄想に近い希望を捨てていません。
それは、体系的な教育を行うことによって、その中の1人が、自ら勉強してみようという社員がでるのではと、思っています。
Excelは、優秀なアプリであるが上、罪深きアプリです。
montaU様の意見にもありましたが、勉強しなくても使えます。しかし、勉強すればするほど、その恩恵を受けることができます。
体系的な教育を受けたきっかけで、自ら勉強してみようという気持ちにさせたいのです。
だから、自分が考えている教育内容は、もっと勉強したいとさせたいと思わせる工夫をしているつもりです。
 
 
でも、mattuwan44様の最後の言葉、考えさせられます。
> エクセルが上手に綺麗に使えても、給料あがらないしなぁ。。。
結局、成果主義なので、結果だけの評価なんだよなぁ・・・
更に言うと、Excelなんて、使えなくても、経営資料にその数字はまったく出ないからなぁ〜。
事務作業の生産性を上げるといっても、チーム力なので、なおさら。
しかも、事務作業の生産性なんて、正直測定が難しいし。
 
でも、ITに関するスキルは、重要だと思いませんかね?
 
もう少し、意見が出るかわかりませんが、皆様の意見を読みたいと思います。

回答
投稿日時: 17/10/25 09:14:29
投稿者: mattuwan44

>そんな中でも、私は、妄想に近い希望を捨てていません。
 
kai_keitaiさんはエクセルにいつ出会いました?
で、エクセル経験は何年です?
 
ぼくは、会社に入ってから、たぶん10年目くらいですかねー(たぶんその時のバージョンがエクセル2000)
マクロ始めたのがさらに7年くらいたってからかなー
(で、それから10年くらいたって今に至る)
 
普段は業務用の専用ソフトでほぼほぼ間に合うけど、
結局、エクセルの汎用性が捨てがたくて業務用ソフトは、ほぼほぼ使わないという、
なんとも言い難い状況になっています^^;
まぁ、マクロは趣味以上には利用してません。
(たまに使うとなんじゃこれ?ってなって一騒動しないといけなくなります。ほぼ悪い意味で)
 
なので、もうそういうのはあきらめてます。
あと、ここもほぼ見てる人いないので気長に回答待った方がいいと思います。
(2〜3か月)

投稿日時: 17/10/25 22:31:14
投稿者: kai_keitai

mattuwan44 さんの引用:

kai_keitaiさんはエクセルにいつ出会いました?
で、エクセル経験は何年です?
 


 
mattuwan44様より、質問、正直びっくりです。質問、ありがとうございます。
 
自分が会社に入社したのは、1996年で、職場に1台だけあった、Windows95のパソコンがあり、そのパソコンにインストールされていた、Excel5.0 が初めてのExcelでした。
又、当時のソフトウェアは、取説(本)が命でパッケージを高そうに見せるのが商売のセオリーで、
Office95にも分厚いマニュアルが付いており、私は、その分厚いマニュアルだけで、Wordと、Excelを覚えました。
 
マクロも分厚いマニュアル1冊で覚えて、入社して、6ヶ月後には使えるようになっていました。
当時のExcelのワークシート関数は、種類が少ないことから、欲しいワークシート関数を自分で作っていたり、ちょっとしたマクロも作っていました。
 
ですから、Excel 、Excel VBA ともに、21年の付き合いですかね。
 
 
入社した当時は、紙、紙、紙で、しかも、手書き文化でした。
非功利的な手書きや紙での保管、何か減らせないかと思っていて、1つの手書きと紙保存の撲滅に入社2年目にして、成功させたのが、きっかけになり、2000年問題のプロジェクトに抜擢されました。
その後、当時では異例の、入社5年目にして特別飛び昇進が会社から認められました。
これも、Excelのお陰だと、私は、今でも信じています。
 
 
又、2002年に私が作ったExcelのマクロが、今でも、普通に使用されていたのを、2日前に目撃しました。
「まだ、使っているんだぁ〜。」の嬉しい思いと「今は、私がいるけれど・・・」の罪悪感の思いが、同時に込み上げます。
 
どうにかして、後継者を作りたいという強い思いがあって、「妄想に近い希望」を捨てられないのです。
自分で勉強したいと思わせる機会に、体系的な教育でと思っているのですが、最終的には個人の努力次第ですからね・・・
 
 
でも、そう思うと、20年前は、結果よりプロセスが重視された時代だったんだなぁ〜って、思いました。
今は、全てが結果ですから、厳しい時代です。
結果を出すには、プロセスが重要なのに・・・

回答
投稿日時: 17/10/27 11:13:05
投稿者: mattuwan44

>どうにかして、後継者を作りたいという強い思いがあって、「妄想に近い希望」を捨てられないのです。
なるほど、、、
たぶんそこそこの権限をもった立場のかただと思うので、
身近なところから洗脳(教育?)して行けばいいのでは?
ここのコラムというか小説というかなんというか、、、
その話を見てると、部で動けていていつも羨ましいなと思ってます。
 
部でなくても、自分の身の回りでチームとして業績が上がれば、
説得力が出てくるのでは?
 
僕なんかは万年窓際族なんで、することなくてタイピングとか練習してました^^;
残業代も出ないので業務時間終ってから会社に残ってVBA勉強したりしてました。
まぁ、詳しくない人よりは詳しい程度の知識ですが、
特に会社に役に立つこともなく窓際族を続けてますwwwww

回答
投稿日時: 17/10/28 13:42:14
投稿者: mr_hige
メールを送信

横文字が苦手でよくわからない言葉が多い昨今、ちょっとピンボケになるかもしれませんが少しだけ仲間に加えてください。
今から十数年前、職場の有志を集めてエクセルの学習会を始めました。
職場の3割ぐらいの方が申し込んできました。飢えていた部分もあるかもしれません。
学習会は、私の退職が近づき、私の作った成績処理ソフトをうまく使い続けてほしかったのです。
しかし放課後は部活だ、係会だと欠席も多く、結局自ら研究するところに至った人は0人!
 
退職後、私は遠い田舎から支援し、2年間ほど使っていましたが職場の統廃合があり、市販のソフトにするとの話でした。
 
非常に残念、残念だなぁとの思いとは別に『ホット』するものもあったのです。

引用:
「今は、私がいるけれど・・・」の罪悪感の思いが、同時に込み上げます。

どんなソフトでもやり方などの変更を生じたりします。
私が急にいなくなったらどうするのだろう、その不安があるからこそ学習会も開いたのです。
 
私はエクセルをVBAも含め学んだ事がとてもよかったと思います。
良くアドバイスをして下さる mattuwan44さんにも大変お世話になっています。
 
今は年金暮らし、それでも時々何かのソフトを作ってみたい、との思いもありPCに向かい時間をつぶすこともあります。
家の前に新舞踊とエクセルのお弟子さん募集の看板も出しました。若い子にとても便利なものであることを知らせたかったからです。
しかし1年が過ぎても、声すらかかりませんでした。どちらにも。
弟子はいないけれども余生を楽しむ一つの方法です。ボケ防止にもつながります。
 
学びたい同僚、あるいは地域の人がいるなら、ぜひ教えてやって頂きたいと思います。
会社そのものはあまり意識しないほうが良い気がします。

投稿日時: 17/10/30 15:49:27
投稿者: kai_keitai

mr_hige様 貴重なご意見、大変ありがとうございます。
 

mr_hige さんの引用:

 
今から十数年前、職場の有志を集めてエクセルの学習会を始めました。
職場の3割ぐらいの方が申し込んできました。飢えていた部分もあるかもしれません。
学習会は、私の退職が近づき、私の作った成績処理ソフトをうまく使い続けてほしかったのです。
しかし放課後は部活だ、係会だと欠席も多く、結局自ら研究するところに至った人は0人!
 

 
Excelの学習って、結局のところ、個人の努力なんですよね。
更に言うと、本当に好きな人じゃないと継続が難しいですよね。
 
私は、何回もこの書き込みで書いていますが、
Excelって、簡単で優秀なアプリで、その手軽さが、仇になっていると思うのです。
 
ちょっとの知識とちょっとの関数を知っていれば、作れない資料は無いでしょう。
それが、教育のニーズを無くしていると思うのです。
実際、Excelなんて、業務で使用するのが普通で、業務以外では使用しないのが普通だから、なおさらです。
 
でも、Excelの上級者といわれる人たちは、周囲のExcelの使い方を見て感じると思います。
1.Excelは、正しい手順で、基礎を勉強しないと、応用が難しいこと
2.Excelは、正しく利用しないと、残念資料がはびこること
3.Excelの上級者になるメリットの大きさ
 
基幹システムがいくら優秀でも、末端現場に行けば行くほど、小さなAccessやExcelが動いています。
それは、企業特有の業務で、基幹システムに組み込むことが難しかった為です。
よって、いくらシステムが進化しても、現場末端のAccessやExcelは、無くならないと確信しています。
私が今年現場で目撃した残念なExcel資料は、氷山の一角だと思っています。
これらを、是正していくのは、あるていどITに詳しい我々が声を上げなければいけないと思っています。
 
 
でも、現実は、Excelの社内教育で、体系的な教育(OFF-OJT)は、難しいのかな?と正直思っています。
montaU様、mattuwan44様、mr_hige様の意見を読みかえったり、自分で考えた結果として、
1.職場の必要性が低い
2.別に不便な使い方でも困らない
3.普段でも忙しいのに別に困っていないExcelの教育は不要と考えるのが普通
4.偉い人のExcelは表印刷ソフトレベル
5.社内SEの重要性を理解していない
6.5年後や10年後を本当に考えて動いている人が少ない
7.偉い人は、Excelの本来の能力を知らず、Excelをマスターするには、数年間必要と理解していない
8.Excelは、簡単なソフトだから、体系的な教育は、不要と判断している
9.業務の効率化は、システム化すればいいと考えている
 
 
ま、それでも、自分は、何とか後継者を見つけたい思いがあります。
根気よく、人事に訴えかけて行きます。5年後、10年後に後悔しないために。
 
まだ、しばらく、皆様の意見を気長に待ちたいと思います。

投稿日時: 17/10/30 16:12:44
投稿者: kai_keitai

mattuwan44様 いつもご意見、ありがとうございます。
 

mattuwan44 さんの引用:
>どうにかして、後継者を作りたいという強い思いがあって、「妄想に近い希望」を捨てられないのです。
なるほど、、、
たぶんそこそこの権限をもった立場のかただと思うので、
身近なところから洗脳(教育?)して行けばいいのでは?
ここのコラムというか小説というかなんというか、、、
その話を見てると、部で動けていていつも羨ましいなと思ってます。
 
部でなくても、自分の身の回りでチームとして業績が上がれば、
説得力が出てくるのでは?
 
僕なんかは万年窓際族なんで、することなくてタイピングとか練習してました^^;
残業代も出ないので業務時間終ってから会社に残ってVBA勉強したりしてました。
まぁ、詳しくない人よりは詳しい程度の知識ですが、
特に会社に役に立つこともなく窓際族を続けてますwwwww

 
他の書き込みで、mattuwan44様の回答をいくつか拝見させて頂きましたが、
Excel上級者のなかでも、かなりヤリ手ではと察しが付きます。
熟練の匂いがプンプン匂いますよw
mattuwan44様自信が、窓際族とか言っていますが、
職場の周りの人から見れば、そんな風には見られていないと思いますよ。
いざという時に、mattuwan44様は、頼れる存在ではないですか?
困った時には、mattuwan44に聞け!みたいな。
 
 
ここのコラムを一部を読んでみましたが、これもITリテラシーの高い上司と、組織の力は、人の能力で決まることを理解している上司がいて、動くきっかけを作ることができて、それを支える環境が無いと難しいと思いました。
 
身近な人を洗脳wといっても、正直難しい。やっぱり、自ら勉強したいと強く思っている人でないと意味がないと思います。
 
ここの書き込みは、まだクローズしないで、まだまだ気長に見ていきたいと思います。
それと同時に、自分は、人事に訴え続けていきます。

回答
投稿日時: 17/10/30 16:23:30
投稿者: mattuwan44

>いざという時に、mattuwan44様は、頼れる存在ではないですか?
む〜〜誰にも頼られないから、全く仕事無いですね^^;
 
今日も1日、エクセルVBAの掲示板周って、サンプルコード考えて終わりました^^;
 
詳しい人もいるので、何か意見を書いていただけるといいのですが、
いかんせん閲覧の回数がどなたも減ってるようでレスがなかなかつかないですね^^;
 
きながに^^

回答
投稿日時: 17/11/03 23:33:39
投稿者: MMYS

生活するためには収入が必要です。
 
どんな仕事につくかは人それぞれ。そして
「今の仕事で一生飯を食っていく」
と自分で決めたのですよね。
 
※社会問題化している派遣・契約社員問題は別として。
 
 
昼休み、スマホする人。お茶をする人。同僚とおしゃべり。
どのように過ごすかは人それぞれ。
 
しかし、例えば昼休みの10分。書籍を読むなど勉強をする。
など努力をしてたらどうでしょう。1年で約40時間です。
そんなことを10年もつづけたら10年後どうなりますか。
 
実力に差がつきます。当然、評価や給料も。
 
※同僚とコミニケーションが重要な職場もあるでしょう。
 なのでおしゃべりを否定するつもりはありません。
 
 
ある経済番組て手持ち資金の資産運用するには
ファンド・株式・債権などいろいろありますが
なにが良いですか。と質問されまた。その回答が
 
「ぜひ、自分自身に投資して頂きたい」
「自分自身の実力を高めのことが資産を増やす近道です」
 
と回答しました。
 
 
 
注、私は社員教育を指定しているわげではありません。
 
 

投稿日時: 17/11/06 23:43:48
投稿者: kai_keitai

MMYS さんの引用:

 
しかし、例えば昼休みの10分。書籍を読むなど勉強をする。
など努力をしてたらどうでしょう。1年で約40時間です。
そんなことを10年もつづけたら10年後どうなりますか。
 
実力に差がつきます。当然、評価や給料も。
 
---
 
「ぜひ、自分自身に投資して頂きたい」
「自分自身の実力を高めのことが資産を増やす近道です」
 

 
 
MMYS様 貴重なご意見大変ありがとうございます。
 
なかなか難しい文章で勘違いして解釈しているかもしれませんが、自分なりに理解しました。
 
見ている人は見ていて、努力をしている姿を見逃さないという感じですかね?
また、何事も、勉強を続けることが重要で、周りと明らかに差が生じた時、勉強した努力は自分に返ってくるという感じでしょうか。
 
ここでは、Excelの教育の必要を説いているので、Excelの能力も人事評価に値すると捉えても宜しいですかね。
 
ふと、自分が働いている会社を客観的に見た感じでは、何とも言えないですかね。
Excelを上手に使いこなしていない人の方が、偉くなっている人の割合が高いと思います。
Excelの知識と技能を備えた人は、いつまでも管理職になれない感じです。
逆に言うと、仕事が出来ないから偉くなって、仕事が出来るから偉くなれない感じなのかな?
 
 
ま、兎に角、あさってに人事と最終打ち合わせのアポを取り付けました。
MMYS様の意見は、ごもっともと思います。結局、自分の努力なのですよね。
自分は、その入口を用意したいだけなのです。
今一度、自分の思いを整理したいと思います。
 
 
 
別件。正直、愚痴かなw
 
MMYS さんの引用:

 
生活するためには収入が必要です。
 
※社会問題化している派遣・契約社員問題は別として。
 

 
先月末、耳に入ったことが事実となりました。契約社員として長年勤めていた若者が退職することを。
給料が安い安いとずっと言っていて、ある意味仕方がないかな。と思います。
 
ま、この話を聞いて、自分の職場で、数カ月前に退職した若い派遣社員の事を思い出しました。
稀に見る優秀な派遣社員だったので、何度か上司や本人に正規社員への推薦をお願いしていました。
が、あっさり、人事で拒否され、結果、退職。
その派遣社員さん、仕事のもテキパキでしたが、MOSの資格を持っていました。
とても優秀だった。
上司も認めてくれてはいたけれど、人事制度が邪魔をした。
一回は、契約社員からとか言ってもね、派遣社員の方が手取りが良いから、
本人に納得させることは、難しかった・・・・・
 
その時の人事の反応は、語学力だけだった。英語、中国語、スペイン語・・・
そのほかのスキルは、不要なようです。
この語学力が正規社員になれるかどうかの分かれ目なの? 
そんな語学力、職場で役に立つの本当に少ないですから。MOSの方が優秀な資格ですよ。
仮に語学力が正規社員の条件だとしたら、今の正規社員全員が、契約違反で、クビですね。

回答
投稿日時: 17/11/09 09:58:21
投稿者: mr_hige
メールを送信

話題が大きくずれますが、抜け道を使って正社員の道を断つ自動車業界や介護業界など
多くの企業に正社員以外が沢山働いている。
こちらのほうがはるかに十大な問題ですね。
今は組合に結集する人も少なくなり、それぞれがバラバラ。
政治的な話などは仲間内でも御法度の様相。
多くが経営者サイドの考えで動く世の中。
どこかで埋め込まれたのでしょうか。
いわゆる自由が無い、民主主義が育っていません。
エクセルのプログラムで民主主義が進化するならもっとやりたいですが・・・
喰うために働きますが、働くために喰っているわけではない。生きてることも同様です。

投稿日時: 17/11/09 22:57:36
投稿者: kai_keitai

mr_hige さんの引用:
話題が大きくずれますが、抜け道を使って正社員の道を断つ自動車業界や介護業界など
多くの企業に正社員以外が沢山働いている。
こちらのほうがはるかに十大な問題ですね。
今は組合に結集する人も少なくなり、それぞれがバラバラ。
政治的な話などは仲間内でも御法度の様相。
多くが経営者サイドの考えで動く世の中。
どこかで埋め込まれたのでしょうか。
いわゆる自由が無い、民主主義が育っていません。
エクセルのプログラムで民主主義が進化するならもっとやりたいですが・・・
喰うために働きますが、働くために喰っているわけではない。生きてることも同様です。

 
mr_hige様 愚痴のコメントに対して意見を頂き、ありがとうございます。
この問題は、時代の流れが大きく影響しており、特に大企業になればなるほど強く出ていると思います。
主な原因は、自分なりの意見で、正しいとは思っていませんが・・・
1.コストダウン
2.中国の台頭
3.大型リストラ
 
一番の理由は、コストダウンかと思います。
コストダウン。消費者にとっては、安く購入できるメリットがありますが、それ以外は、メリットは全く無いと考えています。
企業がある製品を大きくコストダウンするには、大きく下の政策を取ります。
1.部品や材料の海外調達
2.リストラ
3.年功序列の給料の撤廃
4.製造コスト(製造人員コスト)の削減
 
 
ここで、注意すべきは、年功序列の給料の撤廃です。
建前上は、成果主義で、正当な給料を社員に払うと正義を語っていますが、年功序列を無くすと、下のデメリットを招くと思っています。
1.有能な社員の確保が難しくなる
2.社員の会社への貢献意識が薄れる
3.成果優先とされるので、自己啓発が後回しされる
 
結局、会社って、社員が一番重要な財産なんですよね。いろいろな企業はあるけれど、昔は、この企業についていくという意思が高かったような気がします。
その思いもあるので、自分を磨いて、企業に貢献しようという社員も少なからずいたと思います。
 
今は、自分優先主義が強く、条件がもっと良ければ、転職は当たり前の世の中になってしまいました。
転職が多ければ、技術の継承は、至難の業でしょうね。
成果主義って何でしょう。成果主義なんて、営業職だけでいいじゃん。
仕事の結果が数値で難しい職務は、成果主義ではなく、仕事に対す態度や意欲が重要だと思うのだが、
 
どちらも、一長一短という意見が、強いですかね。

回答
投稿日時: 17/11/10 20:19:39
投稿者: mr_hige
メールを送信

『年功序列』
どちらかと言えば年功序列で良いと思います。
私は中卒で上京、小さな町工場に就職しましたが4時半には帰してくれました。
夜間高校に行かしてくれたのです(時間だけの支援ですが)
今は、そんな話はほどんど聞こえてきません。自分の事は自分で高めよと。
そして出来上がっている『有能者』が採用されます。
貧しい人は好きな仕事になかなか付けないのです。
 
互いに助け合って生きることが最も大事。
人と打ち解けて話す喜び。
『手当』、互いに体温を感じ取り安心する。人間なのですから。
縄文時代から少しずつ芽生えた上下関係や金持ちと貧困層。
今後、われわれは何を目指して進化してゆくのやら・・・
 
人間は個性があり得意不得意の部分がそれぞれ違う。
競争が中心ではなく、助け合いながら『切磋琢磨』で全体として向上できるのが一番か?
しかし能力差による、個性の違いによる、『実績』が異なるのに給料が同じであれば不満もでる。
それを埋めるには心の問題が。今はそのような教育環境ではなさそう。
難しい問題です。
 
ダックスヘイブン。
いづれ国家が企業の中に組み込まれる様相が垣間見えます。
そうならないことを願ってやみません。
金持ちが金を生み出すためにいろいろ考え、一般の人をこき使う構図。
もっとゆったりと生きようよと・・・一回だけの命なのですから。
 
エクセルの勉強をして、いろいろできるようになる喜びも大きいです。
それを会社に使ってもらわなくとも。

回答
投稿日時: 17/11/13 00:37:41
投稿者: MMYS

業務でExcelが必須だから、それにどう向上心をもって取り組むかって話ですよね。
知らなかったExcelの機能を習得すると、目先の仕事の効率は確実に上がります。
逆に、なにも努力せず、ただ教えられた通りにしか作業しない人は、いつまでも効率は上がりません。
 
ところで、これはExcelを例に出してるだけで、
仕事に向き合う姿勢かと。
https://mynavi.agentsearch.jp/useful/jo/vo1?pageIndex=2
 
 

kai_keitai さんの引用:

ここで、注意すべきは、年功序列の給料の撤廃です。

kai_keitaiさんは年功序列のメリットに重きを置いてますが、デメリットはどうお考えですか。
 
ブラック企業や過労死は、年功序列の弊害と思います。
そんな会社、辞めてしまえ。と思いますが、
年功序列は年齢が上がるにつれ転職が困難です。
 
入社当時は普通だった会社が、何十年後、
いつのまにブラック企業。そうなると年齢的に日本では転職が困難です。
 
「会社のために努力して、会社に貢献しよう」
会社のためとは、会社がよくなれば、従業員全員が恩恵を受けます。
結果として従業員の一人として自分も恩恵を受けます。
だから昔の日本人は努力したのです。
 
ブラック企業はどうでしょう。
会社のため。ではなく「経営者を肥やすために努力しろ」です。
 
これは経営側の姿勢であって、年功序列は関係ないと思いますが。
 
 
 
kai_keitai さんの引用:

今は、自分優先主義が強く、条件がもっと良ければ、転職は当たり前の世の中になってしまいました。
転職が多ければ、技術の継承は、至難の業でしょうね。

少なくとも日本では転職回数が多いと評価が下がります。
根性の人と思われても仕方ない。
 
同業他社へ転職なら、前職の経験は考慮されますが、
あくまて転職先では入社1年目です。
勤続○○年の年数を捨てるのが本人にとって得策なのかな。
 
それでも転職してしまうのは会社に不満があるからです。
もちろん、若ければスキルアップのため、って人も大勢いますが。
 
 
どこかのアジアの国は、国民性で5年で転職は当たり前ってテレビで見たことあります。
そんな国ならブラック経営者はすぐ淘汰されてしまうでしょう。
 
 
勤続年数が長ければ、当然、経験値が多いです。
勤続年数1年の人と20年の人では、その会社で20年分の経験かあります。
当然、給料に差があるのは当たり前。
 
事実上、年功序列になると思います。
勤続年数も大きな財産で評価の対象でしょう。給料に反映するのは当然です。
「社員が一番重要な財産」はその通り。
 
 
kai_keitai さんの引用:

1.コストダウン
2.中国の台頭
3.大型リストラ
 
一番の理由は、コストダウンかと思います。

円相場が100円切り85円と円高が長く続きました。
一方中国元は実力よりも安いです。
 
これでは日本企業は生き残れません。で取ったが上記です。
「低所得者の給料を上げろ」とよく耳にします。
しかし、私は思います。
なぜ、正社員の給料を下げろと言わないのか。
GDPは世界二位たったのか今は第三位です。
「無い袖は振れない」
でしょう。支払える総額が減っているのだから
 
 
よくガラゲーのガラパコス化か例に取り上げられますが、
これって円相場85円で海外勢と戦えっほうが無理があります。
それよりも、日本人向けに高価格帯を売ることで
従業員に給料が払えるでしょう。
さらに独自仕様で海外勢を退ける。
 
戦略としてはある意味正しいかも。
 
 

投稿日時: 17/11/13 23:03:31
投稿者: kai_keitai

MMYS さんの引用:
業務でExcelが必須だから、それにどう向上心をもって取り組むかって話ですよね。
知らなかったExcelの機能を習得すると、目先の仕事の効率は確実に上がります。
逆に、なにも努力せず、ただ教えられた通りにしか作業しない人は、いつまでも効率は上がりません。
 
ところで、これはExcelを例に出してるだけで、
仕事に向き合う姿勢かと。
https://mynavi.agentsearch.jp/useful/jo/vo1?pageIndex=2
 
 
kai_keitai さんの引用:

ここで、注意すべきは、年功序列の給料の撤廃です。

kai_keitaiさんは年功序列のメリットに重きを置いてますが、デメリットはどうお考えですか。
 
ブラック企業や過労死は、年功序列の弊害と思います。
そんな会社、辞めてしまえ。と思いますが、
年功序列は年齢が上がるにつれ転職が困難です。
 
入社当時は普通だった会社が、何十年後、
いつのまにブラック企業。そうなると年齢的に日本では転職が困難です。
 
「会社のために努力して、会社に貢献しよう」
会社のためとは、会社がよくなれば、従業員全員が恩恵を受けます。
結果として従業員の一人として自分も恩恵を受けます。
だから昔の日本人は努力したのです。
 
ブラック企業はどうでしょう。
会社のため。ではなく「経営者を肥やすために努力しろ」です。
 
これは経営側の姿勢であって、年功序列は関係ないと思いますが。
 
 
 
kai_keitai さんの引用:

今は、自分優先主義が強く、条件がもっと良ければ、転職は当たり前の世の中になってしまいました。
転職が多ければ、技術の継承は、至難の業でしょうね。

少なくとも日本では転職回数が多いと評価が下がります。
根性の人と思われても仕方ない。
 
同業他社へ転職なら、前職の経験は考慮されますが、
あくまて転職先では入社1年目です。
勤続○○年の年数を捨てるのが本人にとって得策なのかな。
 
それでも転職してしまうのは会社に不満があるからです。
もちろん、若ければスキルアップのため、って人も大勢いますが。
 
 
どこかのアジアの国は、国民性で5年で転職は当たり前ってテレビで見たことあります。
そんな国ならブラック経営者はすぐ淘汰されてしまうでしょう。
 
 
勤続年数が長ければ、当然、経験値が多いです。
勤続年数1年の人と20年の人では、その会社で20年分の経験かあります。
当然、給料に差があるのは当たり前。
 
事実上、年功序列になると思います。
勤続年数も大きな財産で評価の対象でしょう。給料に反映するのは当然です。
「社員が一番重要な財産」はその通り。
 
 
kai_keitai さんの引用:

1.コストダウン
2.中国の台頭
3.大型リストラ
 
一番の理由は、コストダウンかと思います。

円相場が100円切り85円と円高が長く続きました。
一方中国元は実力よりも安いです。
 
これでは日本企業は生き残れません。で取ったが上記です。
「低所得者の給料を上げろ」とよく耳にします。
しかし、私は思います。
なぜ、正社員の給料を下げろと言わないのか。
GDPは世界二位たったのか今は第三位です。
「無い袖は振れない」
でしょう。支払える総額が減っているのだから
 
 
よくガラゲーのガラパコス化か例に取り上げられますが、
これって円相場85円で海外勢と戦えっほうが無理があります。
それよりも、日本人向けに高価格帯を売ることで
従業員に給料が払えるでしょう。
さらに独自仕様で海外勢を退ける。
 
戦略としてはある意味正しいかも。
 
 

 
MMYS様 ご意見、ありがとうございます。
 
経営や人事制度は、正直自分の愚痴や思い込みです。
成果主義と年功序列には、一長一短があると思います。組織が大きければ、成果主義が望ましいと思います。ただ、現場の経験による職人技が必要な仕事は、やはり経験なので、年功序列も考え方によっては必要なのかな?と思っただけです。成果主義と年功序列がうまく融合できるのかと思っただけです。
 
また、コストダウンは、企業が生き残る為に、どうしても避けて通れない道です。
製品が他企業と差別化が少ない場合、どうしても価格が焦点になるので、正直これは、開発力が物を言うような気がします。
 
 
で、本筋のExcelの教育ですが、自分を磨こうとする意識の違いですかね。
結局、Excelは、勉強しないと正しく使えないし。です。
 
 
 
 
正直、この書き込みをした当時は、絶対にExcelの教育が必要と思っていましたが、実際の現場に下したとき、組織で、教育を行うことの難しさを思い知らされと思っています。
 
組織に対して教育の必要性をアプローチすると失敗するのでは?と、私は感じています。個人に対して、Excelの教育をしないと意味が無いかな?と感じています。
 
先週、人事と打ち合わせをする予定でしたが、自分の都合で、今週になってしまいました。
次回の打ち合わせをする間に、思わぬ援軍もありましたが、自分の考えを貫き通したいと思います。
正直、数十年間もOA関係やIT関係の教育は、OJTで行ってきました。しかし、その結果が今ですよってね。
自慢では無いですが、昨年まで私がいた職場のExcelレベルは、かなり高いです。関数や機能をかなり使い込んでいます。Excelは、OJTで決まることを伝えたいと思います。
 
 
一旦、今日で、この書き込みをクローズします。(脱線感もあるのでw)
私の書き込みに対して、ご意見を頂いた内容は、どれも貴重な意見だと思います。
感謝の思いもあります。そのあと、教育に関してどうなったかを、後日に書き込みしたいと思います。
 
ありがとうございました。